1. TOP
  2. ドイツ語文法
  3. 縮小辞(指小辞)
  4. 縮小辞とは?「chen」をつけて「…ちゃん」

縮小辞とは?「chen」をつけて「…ちゃん」

「縮小辞(しゅくしょうじ)」とは、名詞などの語尾について、「小さい」とか「かわいらしい」といったニュアンスを付け加えるものです。「指小辞(ししょうじ)」などと呼ばれることもあります。

日本語で言えば、「…ちゃん」といったニュアンスでしょうか。

有名なところでは、グリム童話の『赤ずきんちゃん』は、元々ドイツ語では Rotkäppchen と表記されますが、これは「赤頭巾」を意味する Rotkappe に chen という縮小辞をつけてできたものなのです。

今回は、この chen という縮小辞について学びます。

縮小辞 chen

上述したように、縮小辞 chen は、名詞などにくっつくことにより、「かわいらしい」といった愛着心のようなニュアンスを出します。

例えば、Pferd は「馬」という意味ですが、これに chen をつけて Pferdchen にすると、「お馬さん」といった意味になります。

縮小辞で終わる名詞は中性名詞

chen などの縮小辞で終わる名詞は中性名詞である、という決まりがあります。

そのため、Mädchen という語は「少女」とか「女の子」という意味ですが、これは女性名詞ではなく、中性名詞です。

覚えておきましょう。