1. TOP
  2. ドイツ語文法
  3. 数詞
  4. 序数(1番目の、2番目の…)の書き方と読み方、作り方

序数(1番目の、2番目の…)の書き方と読み方、作り方

これまで学んできた数詞は、「基数」と呼ばれるものです。普通に数を数えるときに使う数字です。

数詞には、「基数」とは別に、「序数」と呼ばれるものがあります。これは、「1番目の」とか「2番目の」といった、順序を示す際に使う数字です。

今回は、序数の数詞を学びます。

序数一覧(1番目~19番目)

1番目の erst

2番目の zweit

3番目の dritt

4番目の viert

5番目の fünft

6番目の sechst

7番目の siebt

8番目の acht

9番目の neunt

10番目の zehnt

11番目の elft

12番目の zwölft

13番目の drizehnt

14番目の vierzehnt

15番目の fünfzehnt

16番目の sechzehnt

17番目の siebzehnt

18番目の achtzehnt

19番目の neunzehnt

「1番目の」から「19番目の」までの序数は、基本的に基数の数詞の後ろに t を付けると作ることができます。ただし、「1番目の」の erst と「3番目の」の dritt と「8番目の」の acht は例外です。

序数一覧(20番目以降)

20番目の zwanzigst

30番目の dreißigst

100番目の hundertst

「20番目の」以上の序数については、基本的に基数の数詞の後ろに st を付けると作ることができます。