1. TOP
  2. ドイツ語文法
  3. 動詞
  4. ドイツ語の分離動詞とは 基本とポイント

ドイツ語の分離動詞とは 基本とポイント

ドイツ語には、「分離動詞」という、他の言語ではあまり見られない文法項目があります。

分離動詞とは、その名前が示すように、「文で使われると分離する動詞」です。

詳しく見ていきましょう。

分離動詞とは

分離動詞には色々とありますが、例えば ankommen を見てみましょう。

ankommen は、「到着する」という意味の動詞です。不定形では ankommen ですが、文章で使われると、an の部分と kommen の部分で分離します。

Er kommt morgen in Frankfurt an.
彼は明日フランクフルトに到着します。

ankommen は an + kommen で成り立った動詞ということですね。

この場合、an は「前綴り(前つづり)」と呼ばれます。

上の例文では、動詞の部分が文の2番目に位置していますが、前綴りの an は文の最後に置かれているのが分かりますね。

つまり、分離動詞は、主文で定動詞として使われる場合に分離し、前綴りの部分は文末に置かれるということです。

辞書での見出し語

しばしば独和辞典などでは、見出し語で

an|kommen

などと分離線を使い、前綴りの部分と動詞の部分が分かるように掲載されています。

分離動詞のアクセント

分離動詞では、アクセントが前綴りの部分に置かれます。